今後のセミナー・シンポジウム

CLOMA-自治体連携セミナーのご案内

  • 日時2022(令和4)年2月14日(月) 13時00分から15時00分まで
  • 会場オンライン開催(Zoomウェビナー)

環境省主催 3R推進地方セミナー in 岡山
~プラスチック資源循環法の施行に向けて~

  • 日時令和4年2月18日(金)13:00~16:00(12:30接続)
  • 会場オンライン開催(Webex使用)

環境省主催 3R推進地方セミナー in 岩手
~プラスチック資源循環法の施行に向けて~

  • 日時令和4年2月2日(水)13:00~16:00(12:30接続)
  • 会場オンライン開催(Webex使用)

循環・3Rリレーセミナー
~プラスチック資源循環(3R+Renewable)の促進を考える~

  • 日時令和4年1月31日(月)13:00~16:15
  • 会場オンライン開催(Webex使用)
 お知らせ
NEW2022年1月25日
市民・NPOのための環境塾 ~わたしたちが知っておきたい循環・3Rの基礎知識~ は、1月24日(月)13時からオンライン開催して、成功裏に終了しました。ご支援、ご協力いただき誠にありがとうございました。
NEW2021年11月29日
環境省主催 3R推進地方セミナー ~プラスチック資源循環法の施行に向けて~ は、11月26日(金)13時からオンライン開催いたしました。
本セミナーは、大変多くの参加者を得て成功裏に終了しました。ご支援、ご協力いただき誠にありがとうございました。
NEW2021年11月22日
第15回3R推進全国大会in和歌山
環境省、環境省近畿地方環境事務所、和歌山県、3R活動推進フォーラムの主催による「第15回3R推進全国大会in和歌山」は、10月20日(水)13時から、ホテルアバローム紀の国を配信拠点としてオンライン開催いたしました。また、大会終了後、10月22日(金)~11月19日(金)までアーカイブ配信(YouTube)を行いました。
本大会は、大変多くの参加者を得て、当日及びアーカイブ配信の総再生回数は1,219回であり、成功裏に終了しました。ご支援、ご協力いただき誠にありがとうございました。
NEW2021年10月19日
令和3年度廃棄物・3R研究財団&3R活動推進フォーラム年次報告会を令和3年10月15日(金)にオンライン配信で開催しました。本報告会は、多くの参加者を得て成功裏に終了しました。ご支援、ご協力いただき誠にありがとうございました。
NEW2021年10月19日
令和3年度循環型社会形成推進功労者環境大臣表彰の受賞が決定しました。
NEW2021年10月19日
令和3年度3R促進ポスターコンクール入賞作品が決まりました。
NEW2021年10月14日
NPO法人持続可能な社会をつくる元気ネットと3R活動推進フォーラムの主催による「TOKYO2020レガシー報告会」が、オンラインで開催されました。
NEW2021年9月13日
3R活動推進フォーラムでは10月の3R推進月間用のポスターデータを作成いたしました。団体名等を入力してお使いいただけますので、ぜひご利用ください。
お知らせ2021年7月30日

3R活動推進フォーラムの第16回理事会・総会は、新型コロナウイルス感染症の拡大を防止する観点から会議自体の開催を中止し、書面による開催を実施しましたところ、会員の皆様のご協力により全議案が可決承認されました。

情報開示
役員一覧
お知らせ2021年7月7日

令和3年7月2日(金)19時から放映されました日本テレビ「クイズ あなたは小学5年生より賢いの?」で、Rマーク(再生紙使用マーク)が出題されました。

再生紙使用(R)マーク
お知らせ2021年6月21日
令和2年度における3R活動推進フォーラム事業等の実施状況をまとめた「年次報告書」を掲載しました。
 関連情報

2019年12月23日
北海道大学特任教授松藤敏彦先生による「科学的に見るSDGs時代のごみ問題」が、丸善出版から出版されました。
廃棄物工学を専門に30年以上研究してきた著者の知見から「伝えたいこと、知ってほしいこと」をまとめた、持続可能な地域社会づくりのためのヒントが満載の1冊です。
詳細は以下をご覧ください。

「科学的に見るSDGs時代のごみ問題」内容詳細

2018年6月12日
北海道大学大学院工学研究院廃棄物処分工学研究室が平成27~29年度環境研究総合推進費により「マテリアルフローにもとづく自治体ごみ処理分析ガイドライン」を作成しました。
ごみ処理に関するデータを一枚のエクセルシートに統合し、さまざまな分析を可能とする手法を説明しています。

詳細を見る
3R・廃棄物NEWS

国・自治体・団体等の3R・廃棄物情報が掲載されたメールマガジンです。

Rマーク等の使用について

Rマークの使用については、特に申請や届出等は必要なく、無料ですが、表示方法については、本ホームページの「再生紙使用マーク」をダウンロードして、そこに示されている基準を守ってご使用ください。

  • 環境省
  • 公益財団法人 廃棄物・3R研究財団